【節約生活】便利!PayPayアプリからTポイントカードを直接使う方法




以前、以下の記事でヨドペイについて書いた時に、キャッシュレス決済もよいけど、窓口で支払い時にいろいろ手順が面倒で使いにくいと【怒りニュース】を書いた。

 

例えば、ファミマで買い物をするとき、PayPayアプリを開き、支払い方法を選択して、バーコードを表示させておき、店員が読み取り動作をするのをちょっとドキドキしながら待つ。

しかし、実はその前に、手順としてはTポイントの獲得をしなければならない。結局は、PayPayコード読み取り待機中のスマホをカウンターの上に置き、かばんから財布を取り出し、Tカードを探し、それを店員に渡す。

店員はTカードをスキャンしてTポイントを付与し、カードを返す。

Tカードを返されたら、なくさないように、すかさず財布にしまい、その財布もなくさないように、すかさず鞄にしまう。

返す刀で、カウンターにおいてあったスマホを持つと、画面はすでにロックされているので、指紋認証で再度画面を開く。やっとPayPayの画面に表示されているバーコードを店員に見せ、店員がスキャンして、支払い動作の完了となる。

 

めんどくさい!!

 

ということを書いたわけだが、本日、朗報を耳にしたので、ご紹介しよう。

 

PayPay, ヤフーJAPANカード, Tポイントは連携させてお得倍増!

 

PayPayというキャッシュレス決済は、ヤフーJAPANが運営しているものなのだ。

なので、ヤフーカードとの連携が強く、優遇されている。

例えば、ヤフーカードからのチャージに対してポイント還元を増やすキャンペーンをしていたり、PayPayからヤフーカードで決済する場合も還元率がよかったり。

 

すなわち、今後もPayPayを使い続けるなら、ヤフーJAPANカードは是非作っておきたいところだ。

まあ、それはそれとして、ヤフーJAPANでは、手持ちのTポイントカードを登録することができる。

手順はこのページを参照して頂きたい。簡単なのだ。

ヤフーJAPANのIDでログインして、手持ちのTカードの番号を登録するだけだ。これで、自分のヤフーJAPAN IDと、Tポイント番号が紐づけられる。こうしておくと、例えば、先ほどのヤフーJAPANカードでクレジットカードとして買い物すると、その額に応じてTポイントが付与される。要は、Tポイント加盟店でなくとも、クレジットカードで買い物すれば、かならずTポイントがもらえるということだ。

ためたTポイントは、Yahooショッピングで使えたり、YahooJAPAN内での様々な支払いに使うことが可能だ。もちろん加盟店で、普通にTポイントとして使用することも可能だ。

PayPayとヤフーJAPANカードは連携可能だった

先にも書いたように、すでにPayPayアプリ内で、ヤフーJAPANカードはつながっていた。ヤフーJAPANカードからチャージできたり、支払ったりする機能をすでに持っていた。

いろいろ優遇されるので、まだヤフーJAPANカードを持っていない人は、是非作って(年会費無料)、PayPayに登録しよう!

 

さらにTポイントカードと連携できるようになった!

 

今回はさらに、PayPayアプリと手持ちのTポイントカードが連携できるようになった。先ほどのとおり、まずヤフーJAPANサイトで、Tポイントカードを登録する。

そして次に、PayPayアプリ内で、その登録したTポイントカードを登録するのだ。手順は以下のとおりです。

まずPayPayのトップ画面から、支払いを押す。下の赤い丸のところですね。

そうすると、上記の画面が表示されるので、下の方に見える、モバイルTカードを表示するをクリック。

そうすると、以下のTポイント番号を登録する画面になります。

Tカード番号と、生年月日を入力するだけです。これだけで、先にYahooJapanサイトに登録したTポイントカードと、PayPayアプリがつながるわけです。

利用規約に同意すれば登録完了です。

登録を完了後は、PayPayの支払い画面でモバイルTポイントカード(先ほど登録したTポイントカード)を表示できるようになります。

 

上の支払い画面で、モバイルTカードを表示するを押すと、

 

上の状な画面が出ますので、店員さんにまずはこのバーコードを読み取ってもらえば、Tポイントをもらえることになります。

終わったら、前の画面に戻って、PayPayでの支払いバーコードがまた表示されるので、それを店員さんにスキャンしてもらえば支払い完了です。

 

支払い手順がとても簡単になる!

文字で書くと、なんか複雑ですが、要は、スマホのPayPayアプリだけで、Tポイントの獲得から、代金支払いまで全部完了できるのです。

わざわざ財布からTポイントカードを探す必要もなくなります。

毎回の支払い(Tポイント加盟店では)の作業ですから、この煩わしさが解消されるのは、素晴らしいことです! 是非、やってみてください。上記の手順でやれば、登録作業は結構簡単ですから。

 

結局どのキャッシュレス決済が得なのか

期間限定のキャンペーンがあるので、なかなか比較するのは正直難しいです、現状では。

ただ、PayPayは、ヤフーJAPAN傘下ですから、上記のとおり、Tポイントとの連携が強力です。昔から、ヤフーJAPANとCCC(Tポイントカードの運営会社)が会社間での提携を強力に進めている大人の関係だからです。

いろいろ世の中にポイントはありますが、Tポイントは、かなり普及しているポイントですよね。ためやすく、使いやすいです。

逆にヨドバシポイントは、ヨドバシカメラでの買い物に特化しており、使う用途は限られてしまいます。Tポイントほど汎用的ではありません。ヨドペイはまだ開始されていませんが、ヨドペイはヨドバシポイントと連携しますが、汎用性は低いヨドバシポイントがたまるだけでしょう。ただし、Tポイントよりはるかにたまります。10%もポイントがつくからです。

LINE Payはどうでしょうか。今のところ、特定のポイントとの連携はなく、普通に支払うとLINEポイントとして還元されるだけですね。もちろん、店頭でTポイントカードをこれまでと同様に見せればTポイントはもらえますが。

楽天ペイは自社で展開しているRポイントとの連携が強いですね。楽天市場で買い物する場合などは使い勝手がよいでしょう。

 

今のところ、なかなか比較は難しいですが、自分がどこで買い物する事が多いか、どのクレジットカードで普段支払いをするかなどで使うキャッシュレス決済システムを決めるのが良いかと思います。

自分の場合、日々のクレジット支払いはすべてYahoo JCBカードに統一しているので、Tポイントに集中させています。生活必需品もYahpooショッピングやLOHACOで買います。Tポイントがさらに溜まります。なので、Tポイントとの連携の強いPayPayを中心として、必要に応じてその他のキャッシュレス決済(ヨドバシで買い物するならヨドペイを使うなど)を使い別ける感じでしょうか。

何度もいいますが、しかし、このキャッシュレス決済の乱立、店ごとに固有の決済システムの乱立、なんとかしてくれ!

 

(追記)さっそくファミマで使用してみましたが、モバイルTポイントカードのバーコードがどうしても読み取りませんでした!画面の明るさマックスでもだめ。ちなみにスマホは、Galaxy Note8です。プロテクタのシールは貼ってありますので、そのせいかもしれません。でも、表示されているバーコードは、かなり解像度が必要となりそうな細かいものでした。読み取り精度悪いだろうなぁ。ネットでは同様のクレームも見受けられました。少なからず読み取り不良が起きるようです。

まったく、結局っ、カウンターでの手間がむしろ倍増しましたわ!

 




 
 
 

最新情報をチェックしよう!