【バイクで日本一周】早期退職後にやりたいこと

バイクで日本一周する予定なのだ。

いわゆるリターンライダーとして、日本に帰国した直後からまたバイクに乗り始めた。

最初はこんないかついバイクに乗っていたのだ。

これは九州阿蘇ツーリングをしたときの、本土最南端 佐多岬到達の写真だ。この時は、大阪からフェリーに乗って鹿児島に到着、そこから九州を北上して別府からまた大阪にフェリーで戻るコースだった。本当に楽しい思い出だ。

 

その後、数台のバイクを乗り継ぎながら、現在保有しているバイクはこれ。

 

ハーレーのロードキングというモデルだ。

でかいでかい! 1600ccの2気筒エンジンで、ダッダッダッと走る。爽快なのだ。

最近はしばし遠出することなく、近場(関東圏)をこのバイクで走り回っていたのだが、今回、早期リタイアにあたり売却することにしたのだ。

せっかく買って大事にしていたのにもったいない事この上ないのだが、いくつか理由があるのだ。

残念ながら、今の住居(マンション)にはバイクを置く場所がない。そこで、写真のように、自宅近くにバイクを置く専用のコンテナを借りて保管しているのだ。

面倒だが、ハーレーに乗るときは、家からスクーターで一旦ここに来て、バイクを入れ替えて乗り出し、またハーレーをコンテナにしまってからスクーターで帰宅するという段取りだ。

これは面倒だが、ハーレーは盗難にあいやすいし、メッキを綺麗に維持しておきたかったので、雨ざらしで外に停めておくよりましなのだ。おかげで、今もバイクはピカピカだ。

ここで退職金節約生活である。

毎月の固定発生費用を最小限にとどめることが肝要な退職金節約生活では、このコンテナの維持費はかなり負担となる。毎月15,000円だ。

さらにバイクそのものの維持費もある。車検費用やメンテ費用はそれなりにかかる。バイクが好きで持っているのだから、その費用がかかるから売ってしまうというのはどうなのか?

確かにそうだ。

しかし、自分的にはハイレベルなハーレーマニアではなく、どちらかというとこれからも色々なバイクを楽しみたいという志向なのだ。

なので、維持費の安いバイクに買い替えるというのは、選択肢のひとつなのである。

小さいバイクであれば、車検はなくなるし、マンションの駐輪場に停められる。コンテナの維持は不要になる。それだけで、結構なバイク維持費用を節約することができる。

節約のために、趣味や好きなことを制限すると大きなストレスになるし、大体、なんのために生きているの?ってことになるが、満足できる範囲でかかる費用を最小化しながら、趣味を継続することも、早期退職者の節約生活と言えよう。

ちょっと前にこんな写真がニュースに流れたが、それはともかく。

退職後に長年の夢だったバイクで日本一周を計画している。

日本一周することを考えると、もちろんハーレーでやってもいいし、ハーレーでやりたいぐらいではあるが、現実を考えるとハーレーでの日本一周は結構大変だ。

宿泊費を節約するためにキャンプ場を利用することが多いと思うが、そういう場所は大抵ダートであり、ハーレーに荷物を積んでのダートはちょっとしんどい。キャンプ場を選ばなくてはならなくなってしまうのはストレスだ。どこにでも自由に入っていけるバイクの方が自由度が高まる。

時々はビジネスホテルやネットカフェなどに泊まりたい。充電やブログアップなどだ。しかし、そういう場合もハーレーは駐車場所に気を遣う。残念ながらコインパークなどはほとんどバイクでは利用不可だ。道に駐車すると、最近はすぐに駐車禁止をとられる。実は大きなバイクの駐車場所探しって、かなり苦労するのだ。

ネットカフェの店の前にちょこんと駐車などしたら、どうなるか心配で(いたずら、盗難、駐禁)落ち着かない。そういうケースでもハーレーはストレスになりそうだ。行動が制限されそうだ。

そんなことから、イメージしている日本一周には、もっと自由度の高いバイクで行きたいと考えてしまったのだ。

 

早速ヤフオクなどに売りに出し、めでたく良い方に落札して頂いた。もうすぐ引き渡しの状況までくることができた。

 

さて、次のバイクは何にしようか?

どういう計画で日本一周するか?

いつ行くのか?

行ったら、リアルタイムで日々の出来事を中継したい。

 

これからもここで早期退職 バイクで日本一周計画 を書いていきたいのだ。

youtubeで「退職金節約生活チャンネル」始めました!是非、チャンネル登録お願い致します!。チャンネル登録はここから!

是非、こちらの新サイトにも足をお運びください! 新しい令和になっても起きる変な出来事、新しく生まれたものを一緒に見て行きましょう!



     
最新情報をチェックしよう!
>新サイト「令和に流行るものランキング」も是非1度お訪ねください!

新サイト「令和に流行るものランキング」も是非1度お訪ねください!

新たに始まる令和の時代に起きる様々な出来事や、新しく生まれる製品やサービス。 日本がどう変わっていくのか、一緒に見ていきましょう!

CTR IMG