海外移住 フィリピンからこんにちは 4回目 ビーチリゾート旅行

フィリピン滞在も1週間が過ぎた。

フィリピンからおはようございます。

 

フィリピンは先週末は金曜日からの3連休であった。

いわゆる日本のお盆のように、先祖を迎える日ということで、多くの人々が田舎に帰省する。

拠点準備も一段落であり、この連休には配達・工事や、商売の打ち合わせもできないので、妹夫婦の家族、妻の兄弟などと一緒に1泊での近場ビーチリゾートに出かけてきたのである。

 

プエルトガレラを目指して南下する

 

フィリピンは無数の島で構成されている。海に囲まれた島国であり、それ故、ビーチリゾートも多い。手つかずの自然が残されている場所も多い。

今回向かったのは、ミンドロ島にある(マニラのあるルソン島の南にある島)プエルトガレラという町だ。

島が違うので、そこは船で渡る。

今回はマニラから車で南下すること約2時間、バタンガスという町にまず行って、そこに車を駐車。そこからは船でミンドロ島に渡ることにする。車を運ぶフェリーもあるのだが、目指すビーチは船着き場からすぐなので、今回は車はバタンガスに置いておくことにしたのである。

行きの高速道路は超快適。

お盆休み中ということもあり、普段の酷い交通渋滞もなく、あっという間にほぼ高速だけでブタンガスまで到着。

首都マニラからほぼ真下(南)に下る感じだ。高速道路には立派なサービスエリアなどもあり、さすがに首都圏の高速道路だ。なにも問題はない。

バタンガスに着くと、船乗り場の近くに駐車場が点在している。そこに車を停めて船に乗り換えるわけだ。しかし、日本のように立派な施設の一目でわかる駐車場があるわけではなく。個人の土地を駐車場に利用して商売している所が多く、経験の少ない日本人にはとても安心して車を停める場所など見つけることは不可能だろう。このあたりが、まだフィリピンの観光業の発展を妨げる一因でもあろう。

今回は、妻の兄弟も一緒なので、彼らがさっと交渉して安く停められる場所を見つけてきてくれる。

そこからは、いつもの魔法の交通手段、トライスクル(バイクタクシー)に5分ほど乗って、船着き場まで行く。大きな港町であり、立派な港もある。

 

フィリピンの基本は「混沌」

ここまでは非常に都会的にスムーズに事が進んできたわけで、フィリピンにいる事を感じないほどだ。

トライスクルで港に着くと、が~~とおっさん達が寄って来て、わめきだす。

荷物をトライスクルから降ろしたり、それを持ってこっちへ来いと誘導したり、ごちゃごちゃし始めるのだ。こういう時に、観光客だと驚いてしまうし、最悪の場合は悪い人に荷物を持っていかれたりするのであろう。

今回は慣れたフィリピンファミリーがいるので大丈夫だ。

おっさんの中から数人が決まり、荷物を全部運んでもらう。船のターミナルまで誘導されて、チケットを買ってきてくれて、全部やってくれる。最後におっさんにチップを払うのだ。数百円のレベルであるが。

要は、そういう案内をしてお金を稼ぐ商売なのだ。そういう人が多く船着き場に出入りしているわけだ。

自分で荷物を運び、自分でチケットカウンターを見つけて購入したり、自分でやればすべてできるのだが、数百円でぱっと全部やってくれるのは便利なものだ。悪い奴には注意しなければいけないが。

それなりの設備が整った船着き場より、写真に写っている船に乗りこむ。人だけを運ぶ船なので、それほど大きくはないが、なにも不安は感じない。

ここから2時間弱で、ミンドロ島のプエルトガレラに到着だ。

 

気軽に行けるビーチリゾート プエルトレガ

港からこれまたトライスクルに乗って走ること20分。 予約してあったホテルに到着。

なかなか立派なホテルで、新しくて綺麗だ。

この辺りは、個人経営の小さいホテルや宿が多く、そこを拠点にしてマリンアクティビティを楽しむようだ。白人観光客も結構目にする。

すでに3時を過ぎていたが、荷物を置いて、またまたまたトライスクルに乗って近くのビーチに。

天気があまりよくなくて、砂浜や海の色はいまいちだ。

いまはシーズンオフということで、全体的に人も少ない。

すでに日が沈む時間になったが、とても綺麗だ。ビーチリゾートに来るなんて久しぶりであり、大勢でわいわい一晩過ごすのも楽しいものだ。

ホテルに戻り、ラッキーナイン(ブラックジャックのようなトランプギャンブル)で、夜中まで大騒ぎである。

翌日は、朝6時から、小さいボートを貸し切って、アイランドホッピング。小さい島や、無人のビーチを回って泳いだり、スポットでシュノーケリングをしたり、これまたのんびりと家族だけの時間を過ごす。楽しくて仕方ない。

観光地ではあるが、海の水は非常にきれいだ。ビーチで寝転んで泳いだり、バナナボートなどの定番で遊ぶも良いし、このようなアイランドホッピングで探索するもよい。ビーチには多くのレストランやお土産さんもあって、賑わっている。ビーチでは砂浜に寝転がって30分300円程度でマッサージをしてくれる。波の音を聞きながらのマッサージも心地よい。

日本の海水浴場より、はるかに多くの楽しみを提供してくれるのではないだろうか。

昼過ぎまで遊び、帰途についた。帰りは地獄の渋滞。お盆の戻りとも重なったからだろうが、恐ろしい混沌状態が、いたるところの道で発生していたのである。運転していた奥さんはぐったりであった。

 

フィリピンで手軽にビーチを楽しむ

 

他にもいろいろ良い場所はあるだろうが、一泊で気軽に行けて、ビーチアクティビティもとことん楽しめるという意味では、おすすめの場所ではないだろうか。

セブあたりまで行けばもっと規模も大きいのだが、家族みんなで飛行機では費用的にも簡単には行けない。

やはり問題は、基本的な観光インフラであろう。問題というほどでもないだろうが、トライスクルは地元民には大変便利な移動手段だが、初めてや慣れていない観光客には不安も大きいだろう。やはり乗り合いのバスなどの公共交通機関の運営が必須ではないだろうか。

また、道路の渋滞解消は急務だ。あの渋滞があると思うと、どこにも出かけたくなくなる。観光業だけでなく、物流も滞り、人も動かなくなり、基本的な経済状況が悪化しかねないのである。

大規模駐車場などの基本的なインフラも必要だ。トライスクルもそうだが、極小個人ビジネスで支えられている社会システムからどう脱却できるかだ。地元民にとっては安く便利であることは承知しているが、一層の発展を望むには、越えなければならない社会変革ではないかと感じる。

 

とにかく、仕事も忘れて、家族たちと楽しむ、最高の2日間だったのである。

 

youtubeで「退職金節約生活チャンネル」始めました!是非、チャンネル登録お願い致します!。チャンネル登録はここから!

是非、こちらの新サイトにも足をお運びください! 新しい令和になっても起きる変な出来事、新しく生まれたものを一緒に見て行きましょう!



     
最新情報をチェックしよう!
>新サイト「令和に流行るものランキング」も是非1度お訪ねください!

新サイト「令和に流行るものランキング」も是非1度お訪ねください!

新たに始まる令和の時代に起きる様々な出来事や、新しく生まれる製品やサービス。 日本がどう変わっていくのか、一緒に見ていきましょう!

CTR IMG